院内感染の予防対策について

PREVENTION

おひとり、おひとりの安心のために

自由が丘 田川歯科で日頃行われている歯科機器の消毒・滅菌管理の取り組みをご紹介します。

診療に使用する治療用椅子やマイクロスコープは全て、イルガサンアルコール液もしくはオリジナルの消毒薬にて常に除菌しております。

null

診療に使う基本セットであるミラー、ピンセット、探針、バキュームチップ、風や水を送るシリンジチップは滅菌した物を、トレイカバー、デンタルエプロン、うがいコップはディスポーザブルを使用しております。

null
null
null

ご覧のように当院の治療椅子では通常時は歯を削る機器は一切装着されていません。
それは患者さんの治療毎に使用した機器を滅菌交換しているからです。

治療椅子は衛生士用と歯科医師用の2台しかないのにもかかわらず、患者さん毎に歯を削る、歯を磨く機器を滅菌利用するためにはこれだけの本数を揃えなければなりません。

null

歯石を取るクリーニングでお口に触れる機器も患者さん毎に滅菌交換しております。

null

削るチップや歯石を取る際に利用するチップも患者さん毎に交換し、滅菌管理しております。

null

神経を取る治療に使用する際に使用する小機器もこのように滅菌管理しております。

null

治療使用後に使い捨て出来ない物は耐用回数をクリアしたものを消毒・滅菌しておりますが、次の順序で行っております。

使用した機器には歯垢や血液が付いていますので、消毒効果を上げる為の1次消毒を行います。

null

その後超音波洗浄器による超音波洗浄を行った後、水洗。
2次消毒薬に1時間浸漬させ、再び水洗。

null

その後加熱出来る機器は医科用オートクレーブにて滅菌、加熱出来ない物はグルタラール製剤にて滅菌を行います。

null

滅菌パックに入れたまま、滅菌灯付きの機器庫内にて保管しております。

null

いかがでしょうか?

非常に手間とコストがかさむ滅菌システムですが、これも患者さんおひとり、
おひとりの安心と安全のためと思いながら1日に何度も消毒・滅菌を行っております。

外見は古めかしい昔ながらの歯科医院ですが、診療形態は欧米の歯科医院にも決してひけを取らないばかりか、
細部までこだわるスタイルは欧米の上を行っていると自負しております。

患者さんが心の底から安心して受けられる歯科治療。
それが自由が丘 田川歯科のコンセプトの基本なのです。