歯科 TOPICS

BLOG

マイクロスコープによる歯科保険治療2014.08.21

マイクロスコープを臨床導入した 自由が丘 田川歯科です。
現在、マイクロスコープを利用した歯科治療の可能性を求めて実に様々な症例でマイクロスコープを活用しております。
今回の症例の患者さんは20歳女性の患者さんです。
高校生の時に前歯を強打してしまい、歯が欠けたとの事。
近くの歯医者さんでレジンによる修復治療を受けたそうです。
それから3年の間にレジンにどんどん色がついて来てしまい、審美性が気になるとの事で来院されました。
For Blog_page003.jpg
ぱっと見は、歯の表面が着色(ステイン)したような汚れに見えますが・・
For Blog_page005.jpg
マイクロスコープを使ってよく観察したところ、レジン治療の色と形が不良な上に歯とレジンの間に出来た隙間が虫歯になっている事が判りました。
歯の色が気になると言った審美障害という理由では保険治療が適用されませんが、虫歯治療であれば、保険治療が適用されます。
マイクロスコープを臨床に取り入れる事で保険治療が適用される場合もある事が判りました。
For Blog_page006.jpg
観察方向を変えて、咬み合わせ方向から見るとレジンが歯から飛び出している事も観察されます。
虫歯になったレジン治療を治療するため、マイクロスコープで歯を見ながら保険のレジンによる再治療を行いました。
For Blog_page007.jpg
保険治療なので、本来の歯の色と色調は合っておりませんが形態の調和は取れています。
For Blog_page008.jpg
咬み合わせ方向から見てもレジンと歯の形態の調和が観察されます。
自由が丘 田川歯科 では保険治療、自費治療を問わずにマイクロスコープを用いた治療を行っております。
目黒区、世田谷区、大田区、東横線、大井町線、田園都市線沿線にお住まいの方でマイクロスコープ歯科治療を求めていらっしゃる方や歯を残す治療でお悩みの方は、自由が丘駅から徒歩3分で通いやすい歯周病専門医まで、お気軽にご相談ください。
【関連するブログ記事】