歯科 TOPICS

BLOG

前歯治療におけるダイレクトボンディング法の可能性(歯冠破折)2012.10.10

前回、前々回と奥歯にダイレクトボンディング法を施した症例をお見せしましたが、この治療を始めての6年間で、前歯の治療も数多く行いました。

特に多かった症例は硬い物を噛んだり、不慮の外傷により歯の先っぽが、折れてしまった場合の歯冠形態回復でした。
今回のブログでもその実際を見ていただきましょう。
当時、小学校2年生の男の子です。
鉄棒をしていて顔面を強打してしまい、歯が欠けたと来院してきました。
fracture_page003.jpg
レントゲン診査の結果、歯の萌出不全と歯根が完成していなかったことから、このまま歯を削って全体を被せる治療では様々な弊害があると判断しました。
ですから、保険治療で用いる樹脂を用い取り急ぎ神経部分をカバーするように歯の形態を回復させる治療にとどめました。
fracture_page004.jpg
その後は、定期検診にて神経と歯並びをチェックし、レントゲン写真にて歯根の完成が認められた2年後、神経も問題ないことを確認したうえで、ダイレクトボンディング法による審美的な形態回復を行いました。
fracture_page005.jpg
fracture_page006.jpg
いかがでしょう?
まだらな模様の歯であっても、発色豊かなダイレクトボンディング法では、自然な感じで仕上がります。
次なる症例は木の実のピスタチオの殻を前歯で咬んだ所、歯の先が欠けた成人男性の症例です。
よく遭遇する症例です。
fracture_page007.jpg
まぁまぁな感じではないでしょうか?
他院では神経を取って、差し歯を被せる治療にしましょうと言われていたとの事で、ご本人は非常に喜んでいらっしゃいました。
最後は、バレーボールの際に転倒して前歯の先が欠けたと言う女性の患者さんの症例です。
fracture_page001.jpg
歯が破折した場合の対応は通常は歯を全部削って被せる場合がほとんどですが、今回お見せした症例のような条件では、このように歯を復元する事が可能です。
fracture_page002.jpg
「歯をムダに削らない」、「ムダに神経を抜かない」、「治療時間は早く終わる」、「治療費用が少なくて済む」
そしてなんと言っても他の歯とのマッチングが自然で審美性にすぐれています。
「患者さんに優しい治療」を提供するという田川歯科の医療理念に沿った治療ですね。
現在は、まだ保険適用材料として認可されていないため、保険適用外の自費治療になってしまいますが、耐用年数や機能的に問題が無いことも検証済みなので非常にオススメできる材料です。
田川歯科のつれづれなるままに